【日本語ボランティア】 ベトナム(ハノイ)滞在記 2017, 2018

トップページ » 【日本語ボランティア】 ベトナム(ハノイ)滞在記 2017, 2018

2018年9月10日

2017年 夏

はじめてのベトナム。

この飛行機の中で一人のベトナム人男性と出会いました。

話をしているうちに、妹さんが日本語教師をしているということで、20年以上前「日本語教師養成講座」を開設していた私は、ベトナム人の日本語教師というものに興味を持ちました。

今回はホーチミン滞在予定のため、妹さんの学校のあるハノイは改めて行くこととなりました。


2018年 春

ハノイ訪問が実現しHOA BINH(株)国際人材派遣センターの日本語授業を拝見させていただきました。

教室に入ると 全員が一斉に起立して、

「お客さん、こんにちは!」

と、挨拶をしてくれました。


何か違う。自然な流れではないと感じました。

日本人に会うのが初めてという学生ばかりで、

この人たちが6ヶ月後日本に来て働くとしたら もっと自然な日本語の使い方を学ぶべきだと思いました。

皆 大きな声で何かを言っているのですが、聞きとれませんでした。

今回は、発音と不自然な表現の指摘、先生方からの質問に答えるということをしましたが、

もっと会話の機会がほしいという希望は次回訪問に持ち越しとなりました。


話変わりまして、ベトナムは食べ物が本当に美味しいと感じています。

センターの先生に、オバマ大統領が立ち寄ったというブンチャのお店に連れて行ってもらいました。美味しかったです!!!

観光地としては、世界遺産のハロン湾が有名です。

船をチャーターして食事をしながら湾を回りました。

ホテル近辺のスナップ

今回のベトナム滞在により、いかに多くのベトナム人が日本での就職を目標に勉強をしているかを知りました。

本当に熱心に勉強している姿を見て、一人でも多くの日本人にお手伝いいただいて生の日本語に触れさせてあげたいと心から思いました。

(ラングアカデミア 代表 中村 景子)


トラックバック

トラックバックURL


Copyright©2020 ラング学修館 All Rights Reserved.